人気ブログランキング |

タケシマヨーロッパ研修旅行記 *3-1


今朝も自然に6時過ぎくらいに起床。
すでに何人かは宿をあとにしてました。早。

そして不安は的中。脚の関節が痛いです。
寝て治るものではなかったらしいです。

まあ、でも歩き方が少し変になるだけで痛みさえ我慢すれば歩けないことはないからいいっか。
昨日はちょっと酷使し過ぎたみたい。

ということで、チェックアウト済ませ荷物をホステルに預けて、
今日はコーヒーを飲みに、
レドンホールマーケットに。


丁度通勤時間ともかぶるみたいで、バリバリと働いていそうな素敵な大人たちがいっぱい歩いてます。
カフェも見るとスーツ姿の人が朝食!
なんかとっても良い図。

忙しく働いててもそういう時間を大事にできている態勢が羨ましいです。
これだけ大きな窓があるオフィスで働くの素敵だろうな〜^ ^
d0185025_05314829.jpg





ちょっと見れおきたかった、
レドンホールマーケットはガラスのアーケードになっていて、雰囲気のある空間。
さすがに朝早いのでお店もほとんど閉まってました。
d0185025_05315479.jpg



とりあえず空いていたカフェに滑り込み。
なんてない普通のお店だけど、壁面はタイル貼りだし、照明器具もしっかり選ばれてる。
d0185025_05320068.jpg

天井は昨日のカフェ同様、配線は足場板みたいなので隠されていて、そこにDL。
ハイダクのジョイントもLではなく角度を変えれるチューブみたいなのが使われていました。初めて見た。
d0185025_05321989.jpg



朝食はラテとバタートースト。

このバタートーストが、
びっくりするくらいに不味い。笑
日本のを想像して食べたらダメですね。
d0185025_12440845.jpg







朝食をとって見に行ったのは、
30セント・メリー・アクス。
ツルッツル。撫でたくなるようなフォルムです。イースターの卵を縦長にしたような。
d0185025_05331267.jpg





その迎えには保険会社?なのかな?
工場かと思わせる、鉄って感じの建物。
なんだか冷たい感じがしちゃいますけどね。
d0185025_05331809.jpg



そこからロンドン橋の方へと向かう途中、
ロンドン大火記念塔。
ものすっごく、そびえ立っている。

今日は昨日より天気がいいので、
青空に石の白色が良く映えます。
d0185025_05333092.jpg

d0185025_05333766.jpg





新しい建物古い建物が混在しているのが合成みたい。笑

この手前のパブの正面のデカイ照明なのか飾りなのか。
なかなかなインパクト。
日本でいう大きな提灯みたいな感じなのかな。
d0185025_05334562.jpg



そしてロンドン橋からみた、タワーブリッジ。
もう少し近くで写真を収めたかったかな^ ^;
d0185025_05342211.jpg



そして the shard
登りはしなかったですけど、背が高いシンボルなのでどこかしらから見えてました。
d0185025_05342876.jpg




少し観光もしたところで、
家具屋さんへ。

といってもここはデザイナーさんと取り引きしてる家具屋さんで、
中に入るのにかなりの勇気が必要でした。

これめちゃくちゃいい!っていうのは正直なかったのですが、でも面白いデザインのものや変わった形のものがあり、勉強にはなったかな。

d0185025_05344163.jpg

d0185025_05345682.jpg

d0185025_05350202.jpg








次の照明器具屋さんに。
しかしそこは写真を撮る照明がなかったのでパンフレットのみGET。
日本に送るよりWEBのショップでと言われることが大多数でした。


ショップから近いのもあって
その足で、大英博物館。
なんとここはフリーです!びっくり。
d0185025_13384772.jpg
中入ったら、この大空間。
トラス構造の天井がすごい。
建築ってすごいなーって浅い感想だなと思いながら観覧。
d0185025_13385651.jpg


あまり足を運ぶことのない博物館。
世界中の貴重なものが展示してあるらしいです。

エジプトの像だったり彫刻だったり民族のなんたらだったり。
素人の私にはあまり響かなかった為に、少し足早にぐるっと回りました。
建物が大きいので展示物よりも建物を見てまわるのが面白かったです。
d0185025_13390354.jpg




この博物館での私のイチオシはこれ。
この表情と格好がなんだか印象に残ってしまいました。
d0185025_13391055.jpg


何書いてあるかわからなかったのですが、
ロダンの考える人なのかな?
d0185025_13391668.jpg

d0185025_13401346.jpg

d0185025_13402376.jpg




天井これだけ抜けている建物って本当にゴージャスにみえます。
どうやって天井の装飾を造っていっているのか工事中をみてみたいな、とか思いながらここを通ります。
d0185025_13403186.jpg

d0185025_13403924.jpg



博物館をあとにして、目的のインテリアショップに行く途中、
フリッツハンセンの家具屋さん見つけたのでちょっと寄ってみる。
場違いとは重々承知でしたが空気読めない存在となって中をグルリ。

写真を撮れるほど鉄のハートは持ち合わせていなかったので写真はないですけど、
高価そうなインテリアが並んでいてスタッフもビシッとした服装で遠くからこっちを見ていました。
いつもお店で声かけられるの嫌ですけど、こういう時は声かけてくれたらありがたいのに、、
d0185025_13404643.jpg

昨日よりもバスを使うようになって楽してますが、
今日もなかなか歩いてます。

つづく→

by alphonso_n | 2018-06-07 05:29 | Comments(0)

<< NAGONO BRIDGE C... タケシマヨーロッパ研修旅行記 ... >>