人気ブログランキング |

新幹線ホームの売店 シート貼り

周年パーティーが終わると、翌日からすぐに夜間工事です。

現場としてはもう始まっているのですが、僕が現場に行ったのは火曜の夜からです。

この日は一番気になっていた作業をやりました。
ビデオ編集と同時に進めていた、自家製木目シートです。

影が出来ないように外で撮ってみたり、天気が良いと反射も凄いので曇りの日に撮ってみたりしましたが、根本的に画素数が足りませんでした。

1枚の写真で1枚の木目シートパネルを撮影した場合、2400x1200㎜の原寸で出力しようと思うとデータが72dpiよりも解像度の低い画像になります。
そのデータで印刷すると、当然印刷が粗く横に並べると見れたもんじゃありません。

なので、色目や影がどうのという前に、高い解像度での画像データの取得が必要となってきます。

で、結局考えたのが1枚の木目を分割して撮るという事です。
この辺は、以前のブログにも書いてあったかと思いますので、説明は割愛します。

スタジオを借りて、分割で写真を撮って大体130dpiぐらいの画像にはなりました。
試しに出した印刷が上がったので比べてみると良い感じでした。
後は、分割で撮った写真を木目を合わせて1枚に繋ぐ事とと、色目・木目の調整ですが、ココまで来たら後はパソコンの中の
作業だけなので、出来ないわけがないです。

ウチのもう一人の鈴木が、コツコツと丁寧に画像処理をして出来上がり。
後は現場で貼るだけです。

ていう所から、この日がその現場貼りの日です。
貼る所の既設のシートをめくり、下地処理から始まります。
d0185025_14100040.jpg
これが、貼った所です。
左側が既製品の木目シートです。
右側が木目を写真で撮って、印刷したシートです。
丁度この写真の所が、横ジョイントの部分ですが、近くで見ても全然わからない!
d0185025_14095672.jpg
そもそも、なぜそのような手間のかかる事をしたかというと、前回は既製品の木目の上にお弁当のグラフィックシートを重ね貼りをしました。

ただ、重ね貼りですと下地の処理をしても捲れる可能性はあります。
ましてや、ホームとかで電車を待っている方が、つい待ち時間に爪でひっかいてしまうかもしれません。

と言う事で、木目を弁当と一緒にデータを作ってプリントする事になりました。
その結果、
d0185025_14094826.jpg
こうなり、提供してもらったデータの方が粗いぐらいなので、木目は完璧でした。
完成すると、こうなります。
d0185025_14085816.jpg

こういう、仕事も面白いです。
年齢を重ねて経験を積んでいくと、どうやってやれば良いンだろう?と、考えながらやる事が減っていきます。

自社設計の飲食店や美容院では毎回味わう事が出来ますが、先週のビデオやこういう工事でも味わう事が出来て、ワクワクします。

まあ、そう言う時はプライベートな時間は全然無いのですが・・・


◎名古屋店舗設計・施工 アルフォンス ホームページ http://www.alphonso.jp/
◎名古屋店舗設計・施工アルフォンス 直通メール info@alphonso.jp/

by alphonso_n | 2017-06-11 14:22 | alphonso | Comments(0)

<< BROWNY NAILさん 1周年 ベルモード60周年パーティー >>